Bistro Waraku | Kyoto

ごあいさつ

店内風景と料理

料理とワインを好きなだけ、気軽に飲める店を
500円、10種類のグラスワインがチャレンジの始まり

僕たちがwarakuを作ったのは、10年前。当時、安価なチリワインなどがすでに日本に入ってきていて、ワインを飲む家庭も増えていました。でも「レストランでワインを飲む」なんてことは、まだまだ敷居が高かった。フォーマルな席で、コース料理とボトルワインをいただく、そんなシチュエーションのものでした。そこで考えたのは、もっと自由にワインを楽しむということ。食べたい料理だけをアラカルトで選んで、好きなだけワインを飲む、そんな気軽な店をと、府庁前にオープンしたのが「がぶ飲みワイン 洋彩waraku」です。
とにかく親しみを感じて、居酒屋にふらりと入るような気持ちで利用してほしいと、店名は、和み楽しむの意味を込めて「waraku」としました。
「気軽に」というのですから、グラスワインは500円のワンコインで、常時10種類揃えました(現在は店によって異なります)。今でこそ、イタリアンの店やバルが増えて、グラスワインを複数置いている店も増えましたが、その時、そんなことをしている店は京都にはほとんどありませんでした。
>続きはこちら

  • WARAKU BLOG お客様への想いと感謝を込めて、日々更新しています。
  • スタッフBLOG 季節毎のおすすめ食材やメニューなどが満載のブログです。
  • 会社概要
  • FACEBOOKページ